協会概要  利用規約  個人情報保護に関して  提携・協賛・寄付・広告に関して  お問い合わせ

 

©since2017 Japan association for professionals’ activities. All Rights Reserved.

設立趣旨と経緯

 

Japa日本専門家活動協会は、すべての専門家(個人・団体、実務・アカデミア)に対して、既往の分野・組織・枠組み・年齢・地域を超えて集い、交流・連携(SCN:Social Collaboration Networking)するプラットフォームとして、専門家の地位向上、活躍の場の創出・拡大、集合知化・叡智化、新たなビジネスの創発等の支援を行い、もって、日本の持続的成長に貢献することを目的とする任意団体です。

 

現在は、歴史的な構造変革の時代です。イノベーションが必要とされています。そこには知が不可欠です。

 

[参考:3つ知 / 智]

  • Wisdom of professionals:専門知(学問知、経験知、実践知)
  • Collective Intelligence:集合知
  • Wisdom of Crowds:群衆智

 

知は持続的に成長するために必要なエネルギーの源泉です。 
専門家(プロフェッショナル) は 知(学問知・経験知・実践知)の体現者です。知の創発の牽引者です。

 

然るに、現在の日本には、専門家個人としての居場所がありません。 

専門家としての(組織を超えた)社会的な個人としての存在証明、生きた証の記録、発信、知の連携・承継・創発、そして適正な知の市場化等の仕組み・場がありません。専門家の所在も十分に把握されていません。専門家・専門知がリスペクトされていません。

 

これからの社会は、グローバルレベルで活動できる自律した専門家が必要とされています。 
事案ベースで専門家(個人、集団)がゆるやかにコラボレーションするネットワーク型組織が必要とされています。 
専門家個人として自律・協調するソーシャルコラボレーションが必要とされています。 
専門家個人としての活動を支えるソーシャルセーフティネットの仕組みが必要とされています。

 

このため、2009年9月、既往の分野・組織・枠組み・年齢・地域を超え、専門家(個人・集団)の英知を集結・融合し、新たな知・ビジネスを創発する触媒・橋渡しとなる共智・共創・共助のプラットフォームを構築・提供し、もって、専門家(個人・集団)の自律・流動化、新たな成長ビジネスの立上げ等を支援し、日本の持続的成長に貢献することを目的として集合知プラットフォームサービス事業推進協議会 Council for Promoting Platform Services on the Wisdom of Crowds(略称:CoopsWic)を設立しました。

 

その後、協議会の実務を担う受け皿(事務局会社)として、2010年5月27日、㈱FellowLinkを設立し、2010年12月1日には、協議会活動の基盤として、専門家がプロフィールを登録し、専門家同士で交流・連携(SCN:Social Collobolation Network)する仕組みの場としてFellowLinkサイト(β版)を開設しました。

 

2011年3月11日の東日本大震災から1ヶ月後の4月11日に、本協議会による情報支援として復興日本サイトを開設し、爾来、日々、関連情報をキュレーション&アーカイブしています。2011年6月27日には、復興日本に本協議会としての提言東日本大震災からの復興に向けて ~新たな価値観に基づく自律分散協調型社会づくりを~をとりまとめ、発表しました。

 

そして、2013年4月、活動内容の拡充に伴い、協議会を日本専門家活動協会Japan Association for Professionals’ Activities(略称:Japa) に改組・改称しました。 

 

専門家は多種多様、至る所にいます。 専門家は他の分野の専門家と繋がってこそ活きます。 
専門家の所在を明らかにする。 居場所をつくる。 活躍の場を拡げる。 そして、世界の先頭に立つ!